- これが特徴!「21世紀の共感文章術」 -

  • 21世紀の共感文章術」の特徴は、読者から見て「読みやすい」「インパクトがある」です。
  • 大きな特徴は、最近のテレビドラマやポピュラーソングの常識になっている「さびアタマ」の手法を使うことです。冒頭に主題のメロディーや衝撃のシーンを持ってきて、読者を引き込みます。
  • 「右側がリアス式海岸」も大事です。
    横書きにした時、右側が縦に整然と並び、段落が箱型になると、読者は「読みたくない」と引いてしまいます。
  • 段落を200字以下にして、右側をギザギザにすると、ぐんと読みやすくなります。
 

 

- 著者プロフィール -

坪田 知己(つぼた ともみ)

1949年、岡山市生まれ。
1972年から2009年まで日本経済新聞社に勤務。
前半は記者。最終は、日経メディアラボ所長。
日経のインターネット事業の推進に貢献した。
2003年から2010年まで慶應義塾大学大学院の特別研究教授を兼任。
2007年から総務省・地域情報化アドバイザー。
2010年に友人と、地域活性化を目的にした株式会社シンフォシティを立ち上げた。
2012年から京都工芸繊維大学特任教授、内閣府・地域活性化伝道師。
「表現」を教えない国語教育の現状を改革するために、画期的な文章術(核心文展開法)を開発し、各地で文章講座を主宰、地域活性化に貢献している。
現在は合同会社Loco共感編集部 代表社員/編集長を兼任している。
 

 

- Blog -

『21世紀の共感文章術』が次々に“奇跡”を生んでいます。

 

- お問い合わせ -